スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しています    人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
                     ぽちっとしてね

乳がん発覚11

超!!久しぶりに

乳がん日記の続きを書くっす

この日記は、一昨年6月に乳がん発覚してからの事を思い出しながら書いております

入院初日、担当医には会えないわ・・再度細胞診されるわで・・・かなりブルー

この日は木曜日

一緒の入院になった人は私を含めて3人
(みんな一緒に次の週の火曜日に手術です)

1人の人は、私が初診の時に彼女も初診で旦那さんと来てた

50代ぐらいの方です

告知されてかなりショックだったようで、待合のいすに倒れこんでいらっしゃったので

覚えています

入院の部屋は4人部屋で

他の二人は隣の部屋に一緒

私だけ1人別

隣の部屋は4人ともみんな乳腺

私の部屋は・・・私以外はすい臓、肝臓、胃と・・・・

混合の部屋でした

そこで・・・私のマイナス思考全開

「なんで・・・なんで・・・私は乳腺の人たちと一緒じゃないの??
  あぁぁぁ・・・きっと・・きっと転移があったんだわ・・・・」

と、1人ベッドでグスグス泣いておりました

入院前にしたMRIと骨シンチとCTの結果をまだ聞かされてなかったので

とにかく不安で不安で・・・

泣いてる私を発見して、担当看護師が頻繁に様子を見に来てくれてましたが

「転移があるかどうかが不安」と言うのを訴えても

「それは・・・先生からお話しがありますから・・・」としか言わない!

そりゃ、そうなんだろうケド・・

今の私には意味深にしか聞こえない

ちょっと・・・気分転換をと思い

隣の病室に遊びに行きました

初診の時待合の椅子にうなだれていたOさんは

私と張るぐらいのマイナス思考

ちょっとブルーになっておられましたが

同室のおばちゃんたちが明るい明るい!!!

「私はもう年やけんいいけど、あんたみたいに若かったら
  あっという間に全身にまわって死ぬばい」

とか言われちゃったけど、憎めないってか

「なーに馬鹿な事言いようと!!絶対大丈夫やもん^^」

って言い返せるような・・・

不思議と元気をくれるおばちゃんたちでした

口は悪いけどね






スポンサーサイト
ランキングに参加しています    人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
                     ぽちっとしてね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

入院の時の同室の顔ぶれって気になりますね。

幸い、私も8月に熱を出して入院したときは、おばあちゃんパワーに救われて、とても楽しかったです。

今度の手術の時はどんな気分かはわからないですし、どんな方と同室になるかわからないので、少し心配もありますが・・・。

私の告知のときは・・・あっけにとられて涙も出なかったです。
時々待合室で初診らしき方をみると、これから迎えるだろういろんな治療について同じようにたどるんだろうかと考えてしまいます。

No title

そう、同室の方はどんな人達なのか
すご~く気になりますよね~。。
出来れば、同じ病気の人がいいな~とか
年代も同じ方がとか・・・v-410
でも、それぞれ違って、そっちの方がよかった~っ思ったり。年上の人は、いろんな話が出来るから楽しいし。。違う病気の人と、「違う病気も大変なんだな~」って思えるから、大変なのは自分だけじゃないんだ!って思えるし。。

ウチの病院では、患者さんも淡々としているように見えて、泣いているを見たことがないんです。。
なので、自分も泣いていけないような気がして
悲しい気持ちを抑えて先生の話を聞いていましたよ~。

No title

部屋のお仲間って、本当に大事ですよね。
私も、家族の時に、本当に気を使いました。

いい人もいらっしゃいましたが、基本的に、母が長かったので、周りが入れ替わるんですよ。だからといって、個室は寂しいですしね。
人間関係は難しいですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ライラさんへ

同室の方の感じで入院生活左右されちゃったりしますよね
同じ乳腺の人ばかりの病室だと、色んな話を聞けて勉強になることもあっていいですよね^^
告知の時、瞬間は私も泣くような事はなかったですねぇ
これから手術に向けて、考える事や不安があるかと思いますが、
頑張ってください^^元気に戻ってきてくださいね^^
待ってますよ!!

koharu! さんへ

病室で泣いていたのは私ぐらいでしたよ(汗)
皆さん明るくて、乳腺以外の癌で深刻な方でも気丈にされてました。今考えると、私ってなんて打たれ弱い・・・・もっと大変な人もいるのに・・もう・・恥ずかしいわi-238

鍵コメさんへ

後で聞くと、私が異常なまでの臆病者だったので、先生も看護師さんも
ずばずば言わないようにしてたとの事・・・
しかし・・・意味深な感じはもっと怖いんだけどね
すい臓癌の方結構おられたんですよ
やはり深刻な状態のようでしたが
日々明るくされてありました。病気と闘うんだ!という強い意志を持っておられました
そういう方から見ると、根性無の私はうざかっただろう・・・と思いますが
励ましてくれると言う事はないんですよ。ただ、冷静に自分の病気と向き合って今出来る治療を頑張ろうという姿勢を持つようにと・・同士としてのアドバイスはたくさんくれました

名無しさんへ

コメント有難うございます!!
お母様が入院長かったんですね
色々と大変だったでしょう
個室はお見舞いの方とかが来られると
落ち着いていいんですけど、やっぱ寂しかったりしますよね
私は、数回の入院生活で、幸い同室の方に恵まれていたので助かりました^^
プロフィール

reikirio

Author:reikirio
人生色んな事がありました。離婚。乳がん。いやな事ばっかだな!何で生きてるんだろう。。じゃなくて。何で生かされてるんだろう。と思ったときから。全ての事柄に理由がある。何か使命があるのでは。。と感じるようになり。。今はレイキとオポノポノを勉強中です。 ウサギも飼ってるのでウサギさんネタもあるよ

おすすめ☆
誕生日性格占い
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。